ワーキングホリデー・旅行ブログ

KOMA BLOG.com

リンクユニット 上




ワーキングホリデー

【悲報】オーストラリアワーホリで最低賃金以下で働いた体験談

更新日:

Hi,KOMAちゃんです。

ワーホリ中わりと仕事運には恵まれたのですが、一度だけ時給$12でジャパレスのウェイターをやりました。

そのことについて、書こうと思います。

時給$12|ジャパレスウェイター

なぜ、この仕事を始めたか

この時のぼくの状況

・車を購入して金欠
・ファームを終えてメルボルンに向けて1週間ロードトリップ
・メルボルンでシェアハウスと仕事探し

こんな感じで、仕事探しは1ヶ月くらいかかることを予想してその間、生き抜けるくらいのお金は持っているつもりでした。

新生活は意外と出費が多いです。予算オーバーでした。

お金に余裕がないと精神的にも余裕がなくなってきます。

なのでダブルワークを考えて、夜のウェイターの仕事を探していました。

そこでネットで募集が出ていたジャパレスに応募してみたんです。

雰囲気もいいし、日本人オーナーだし、みんないい人だし、お客さんは97%くらい現地の方なので接客で英語も使えるのでいいなと感じたのと、

この時収入がなかったので時給$12とわかってはいたのですがやることにしました。

働いてみて感じたこと

▽メリット

  • まかないが美味しい(夕飯の食費が浮く)
  • 接客英語が使える
  • 日本人の友達ができる
  • 昼間に自由時間がある

▼デメリット

  • 給料が安い1日$66、1週間(週6)で$396しか稼げない
  • 日本で働いているのとあまり変わらない
  • キャッシュジョブなのでタックスリターンできない
  • スーパーアニュエーションがない

食費が浮くし、美味しかったのでとても助かりました。

ワーホリ中日本人となかなか接点がなかったのでこれは嬉しかったです。

いちばんの問題は、稼げない ということです。

やはり、この最低賃金を下回る給料だと生活は結構苦しいです。

それとTAX(税)関係がないのでタックスリターンや日本に帰国するときに申請できるスーパーアニュエーションの返金がもらえないのはちょっと寂しいですね。

稼げない=生活できなくなる → 帰国

という流れの方もいるみたいです。

せっかくの異国の地での経験も全然できないで帰国するのは嫌ですよね…。

失敗しない仕事探し

インタビューの時に給料面がちゃんとしているかなど確認する。

飛び込みでレジュメを配ったりしているとその店の時給などがわからないことが多いので、

きちんと確認してから働くのがおすすめです。

ショッピングモールに入っているお店は基本的に最低賃金を下回らないようです。

もし飲食系の仕事をしたい人は、ショッピングモール内を狙ってみるのもいいかもしれないです。

おわりに

まだまだキャッシュジョブで多くの人が最低賃金以下で働いています。

仕事選びは、自分のこだわりを持って出来るだけ妥協しないほうがいいと思います。

また、手に職を持っている人は、かなり職探しには強いです。

例えば、カフェで働きたければ、バリスタの経験があったり、ラテアートができたりすると仕事をゲットできる確率も上がります。

美容師やダンスインストラクター、プログラマーなどたくさんありますね。

でもぼくのように、特にスキルがなくても時給$23くらいの仕事はできるので頑張って仕事探ししてみてください。

いいワーホリになるように応援しています。

Bye for now:)

test レクタングル336×280




test レクタングル336×280




リンクユニット 下




おすすめ記事

-ワーキングホリデー
-, ,

Copyright© KOMA BLOG.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.