リンクユニット 上




オーストラリア ワーキングホリデー

ホームステイの不安を減らそう!ホームステイの探し方から注意点まで体験談をシェアしちゃいます

投稿日:

Hi, KOMAちゃんです!

今回は、ぼくがオーストラリア ゴールドコーストで短期ホームステイをした時の体験をシェアしたいと思います。

・ホームステイ先の決め方は?
・ホームステイ先の生活はどんな感じ?
・現地に行く前にやることはある?

ホームステイに対して疑問や不安がある方の参考になれば嬉しいです。

それでは、早速みていきましょう!

こちらの記事も読まれています【オーストラリア】シェアハウスどんな雰囲気?シェアハウス5ヶ所体験談まとめ

ホームステイ先の決め方は?

Photo by National Cancer Institute on Unsplash

ホームステイ先を決めるには3つ方法があります。

1 知り合いのお宅にホームステイする
2 自分でホームステイ先を探す
3 エージェントや留学先の学校に手配してもらう

まず、1番に関しては、現地に知り合いの方がいる前提の話なので、ぼくのような海外に知り合いのいない人はできません。

2番の場合は、自分でインターネットを使ってホームステイ先を探します。

Homestay.com というサイトで「行き先」「期間」「人数」を設定して調べるだけ。あとは部屋やホストさんの情報を確認して連絡を取るって形。

メリット:どんな部屋でどんなホストファミリーかを事前に確認できる、比較的安い
デメリット:サイトに日本語設定が無い、すべて自分で連絡を取り合わなくてはいけない

3番は、多くの人が利用する方法!ぼくも実際エージェントで語学学校を紹介してもらい、そのままホームステイ先も頼みました。

決める前にアンケートを書いてそれに沿って決められるようです。例えば、動物アレルギーがあるからペットを飼っていないホストファミリーとか…。

なので、エージェント側にちゃんと自分の情報を伝えましょう!

メリット:自分で手配しないので楽
デメリット:自分で探すより値段は張る、ステイ先が出発の1・2週間前にならないと決まらない

ステイ先が決まった時点で部屋の写真や家族構成などは教えてもらえます。ただ、家族の写真はなかったので、実際に行ってみるまでどんな顔をしているのかはぼくの場合はわかりませんでした。

この辺りは、お世話になるエージェントによって変わってくるかもしれません。

ホームステイ先での生活

今回はぼくの体験に基づいて紹介していきますね。

現地に着いたらどうする?

  • 空港からピックアップしてもらい、語学学校や現地のエージェントのところまで行く
  • ホストファミリーが迎えにきてくれて、ステイ先まで向かう
  • 学校までの道のりや周辺施設、ホームステイ中の注意事項などを教えてもらう
  • ホームステイ開始!

こんな流れで、ぼくのホームステイは始まりました。

エージェントを通している場合、だいたい空港ピックアップのオプションをつけることができます。空港ピックアップ代は有料の場合もあり、だいたい、1万円から2万円の間。

ぼくは、この空港ピックアップを頼まなかったので、語学学校までバスとトラムを使って自力で向かいました。

これからここで生活していくのかと思いつつ、このルートであってるのか、無事に約束の時間内に語学学校まで行けるのか緊張しながら行きました。笑

初めての土地で不安だったり、時間に余裕がなかったりしたら空港ピックアップを頼むべし!

ホームステイ先での注意事項は守りましょう

これは当たり前ですが、日本の習慣と違いがあるのでしっかりその家族のルールを守る必要があります。自分がホストする側で、ホストしてあげている人がルールを守ってくれないと嫌ですよね。人にされて嫌なことはやめましょう。

ぼくがお世話になったホストファミリーのルール

  • シャワーはできるだけ短く(5分から10分)
  • シャワーの後は必ず水きりワイパーをする
  • 夕食がいらない時は必ず連絡する
  • 洗濯は週3回
  • 夕食の後はテーブルの上を拭く係

以上が、着いた日にホストマザーに言われたルール。

オーストラリア の場合、水道代が高いのでシャワーの時間を指定しているホストが多いので節水を心掛けるべし!

洗濯も毎日はできないことが多いので知っておくべし!

ホームステイ中は家族の一員なので何かしら手伝いをしよう!

ホームステイに行く前にやるべきことは?

ホームステイ先が決まったら連絡先もエージェントを通して教えてもらえるので挨拶のメールをしてみよう!

Dear ○○ Family,

Hello, This is 自分の名前 and I live in Tokyo, Japan.

I appreciate for having me at your home.
I am going to stay at your home for a month from 3 May.
My flight is 2 May and I will arrive at the airport at 8 a.m. on 3 May.

My English is beginner level so I will try my best to improve my English.
Especially speaking ability. I would like to talk with your family a lot.
I am looking forward to meeting you.

Sincerely,
自分の名前

 

○○ファミリーへ

こんにちは、私は〇〇です。日本の東京に住んでいます。

あなたの家でホームステイをさせてくれてありがとうございます。
5月3日から1ヶ月間滞在する予定です。
5月2日の飛行機で空港に着くのが 3日の午前8時の予定です。

英語は初心者レベルですが、英語が上手くなるように頑張ります。
特にスピーキング力を伸ばしたいです。あなたたち家族とたくさん話したいです。あなたに会えるにが楽しみです。

よろしくお願いします。
〇〇

もしアレルギーや苦手な食べ物などがあればメールに書いておくのもいいと思います。現地でのトラブルになるリスクが下がります。

自分のニックネームや写真を送っておくのもホストファミリーにどんな人が来るのかわかるのでいいでしょう!

日本人のお土産文化

ホームステイでお世話になるから日本のお土産を買っていく方は多いです。

  • 扇子
  • 湯呑み

比較的多いようです。実際もらって嬉しいとは思いますが、みんな同じものばかりだと少し困ってしまうみたい…。

日本のお菓子やチョコレートは意外と人気なので、なかなか現地で買えない日本のお菓子などをお土産にするのもあり◎!

おわりに

ホームステイに行く前のメール、ホームステイ先の探し方や注意点を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

少しでも参考になって、気になっていたことがわかり不安な気持ちが小さくなったら幸いです!

ホームステイが終わった後にもお礼のメールや手紙などして、旅行もかねてまた会いに行ってみるのもいいと思います。

素敵なホームステイを送れるいいですね!

この記事を読んでいただきありがとうございました。

こんな記事も読まれています

【オーストラリア】シェアハウスどんな雰囲気?シェアハウス5ヶ所体験談まとめ

オーストラリアスーパーアニュエーション自分で返金申請する方法【10ステップ】

ワーホリ中Meetupに参加して同じ趣味を持つ人と会ってみよう!

test レクタングル336×280




test レクタングル336×280




リンクユニット 下




おすすめ記事

-オーストラリア, ワーキングホリデー
-, , ,

Copyright© KOMA BLOG.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.